アルギニンの副作用で頭痛になる!?

アルギニンの副作用で頭痛になる!?

 

よくアルギニンの副作用で頭痛になるといった話を聞くのですが、本当なのか気になりますよね。

 

アルギニンの1日の摂取目安量は2000mg〜4000mgです。
スポーツをしていたとしても10000mgを超えないようにするのが鉄則です。

 

ただ毎日アルギニンを摂取することになっても、この目安量をきちんと守っていれば全く問題はありません。

 

頭痛が起こるということもほとんど考えられませんから安心してくださいね。
ただ、効果を急ぎすぎて摂取目安量を超えて飲んでしまったりすると…やはり様々な副作用が出てきてしまいます。

 

そのひとつが頭痛というわけなんですね。

 

一般的に頭痛はなぜ起こるの?

頭痛といえば、こめかみのあたりがズキズキ痛むという片頭痛、何となく毎日痛い緊張型頭痛、年に1回あるいはそれ以下の頻度で起こす激しい頭痛の群発頭痛が挙げられます。

 

それぞれについて原因を探ってみましょう。

 

片頭痛というのは、頭の中の血管が拡張することによって起こると言われています。片頭痛の原因としてはいろいろな原因が考えられています。ただいえることは、脳内の血管が関係しているということです。

 

緊張型頭痛は、ストレスが原因と考えられています。精神的なストレスというのは、仕事をしている会社の上司や同僚と上手くいってないと言ったことがあります。また、肉体的なストレスというのは、同じ姿勢で長時間仕事をしたり、同じ姿勢で動かなかったり、というものです。

 

群発頭痛というものは、実ははっきりとした原因は不明です。一度頭痛が起こると、毎日のように続きます。期間限定の片頭痛のようなものです。

 

頭痛の原因としては、脳内の血管の状態が良くない方向にいってしまうということ、精神的ストレスか肉体的ストレスが溜まってしまうということ、の主な二つが挙げられます。

 

ある意味、頭痛が起こるということは、からだの内側からの何らかの警告といえるのではないでしょうか。

 

よくエナジードリンクを目覚まし代わりにたくさん飲んでいませんか?

 

頭痛などを引き起こしてしまう人がいますが、これはエナジードリンクに含まれているアルギニンを過剰摂取してしまったことが原因だと考えられます。やはり何事も適量が一番ですから、しっかり自分がどれだけアルギニンを摂取しているのか把握して、管理するようにしてくださいね。

 

1日のうちでも、例えば毎食後3回に分けるなど工夫をすると良さそうです。
せっかく様々な健康を増進するためにアルギニンを飲むのに、逆に頭痛などの体調不良になったら本末転倒ですからね。

 

しっかり考えながら摂取をするようにしてください!
食事からとれる分とサプリメントからとれる分をうまく計算しながら摂取すると良いですよ♪

 

「まとめ」

 

あくまで1日の摂取目安量を守っていれば健康にとても良い成分なので、安心して摂取していってくださいね。

 

 

関連ページ